Dスケです、なかなか更新の頻度が上がりませんが、どうもです。

突然ですが、皆さんは『CM』は好きですか?

好きかどうかを意識したこともない、最近のテレビは録画で観るからCMは飛ばしちゃう、という人も多いと思いますが。

 

僕はCMが大好きです。

広告業界に身を置いていることもあるかもですが、あの15秒の中に凝縮された工夫や発想に驚かされたり、まるで人生そのものを語る一遍の物語のように感じたり、いろいろな感情を持って観られる”映像作品”として好きです。

まぁ、本来は何らかのプロモーション映像なんですけどね。

それでも、面白いことをやってたり、うまいこと言ってたり、突然泣かされたり、あらゆる感情をCMで呼び起こされます。

今のところそのCMクリエイティブに関わる予定は僕にはないので、一種の憧れもありますね。CMは一種の花形ですし。(ちなみに僕はポスターや媒体広告などのグラフィック関係がメインです)

CMを作っている人は、本当にすごいなぁと思います。(←なんかバカっぽいw)

 

そもそも、テレビが好きなんですよね、僕。

学生時代、実家にいた頃は、両親のしつけが厳しいのもあり、ほとんど自由にテレビを見せてもらえず、小学校まで21時で消灯、中学・高校も11時くらいまででテレビを消されていたので、もういい加減いい歳ですが反動なのかテレビをずっと見続けても苦にならない体質になってしまいました笑。

加えて、出身の宮崎県は知ってる人には有名な「民放2局しかない県」だったので、テレビから得られるそもそもの情報量も少なく、そんなこんなで今では暇さえあればテレビを観ている文字通りのテレビっ子です。えーと、34歳だから、テレビっおやじです。

 

なぜ脈絡なくそんな話かと言うと、今後このブログでCMについて色々語りたいなぁと。

先ほど書いた通り、CMはたった15秒。

ポスターや看板などの一枚絵の広告を除けば、一番短い映像作品であり、映画のような観た人それぞれが感じるものではなく、ほぼ狙ったターゲットに同じようなことを明確に伝えなくてはいけない、思考性の高いプロモーションツールです。(まぁ最近はネット動画の広告のように5秒、10秒で語られるものもありますが)

15秒の中に、大げさでなく色々な感情が生まれます。喜び、楽しさ、美味しさ、悲しさ、元気、勇気、優しさ、危険性、希望、安心、、、全部商品の広告なのに、面白い。

単純なようで、奥が深いんです。僕がその全てを知ってるわけでもありませんが、好きなものを紹介しながら、その奥深さを紐解ければいいなと。

もちろんクリエイティブの技術的に優れた内容もありますが、それ以上に「心にひっかかる何か」がある作品は、15秒の中にも必ずあります。そういうものを中心に、語れたらと思います。

 

最近のこのブログ、なにかと「これを始めてみようと思います」と書いてそのままな気がしますが、途切れないように続けていきます。

 

 

Dスケ

 

スポンサーリンク