やめかんブログ

個人のブランディングや世界観に悩む人に、心に留めてほしい2つのこと。

どうも、Dスケです。

 

久々の散文形式でのブログですが、最近、このブログでの発信や、SNSによる発信を続けながら、思うところがあったので書いてみたいと思います。

 

それは、「みんな、方向性について迷ってるんだなぁ」という点。

それはブログのアクセス、SNSのフォロワーが少ない人はもちろん、それなりに多くの注目を集める人でさえも「このままでいいのだろうか(いや、いけない)」と思い直したり、立ち止まったりしています。

そういう僕も、自分をどう見せるべきなのか、自分の一番の強みは何なのか、やはり迷うときがあります。というか、35歳の今も絶賛迷っています。

俗に言う「ブランディング」とか「世界観」というやつですね。

特にフリーランスなど、個人での発信力を強めたい、フォロワーを増やしたいという人にとっては避けて通れない課題であり、関連のノウハウ記事や有料Noteなども常に盛況です。

 

 

しかし、この「ブランディング」や「世界観」、正直あまり必要ないんじゃないかと思ってきました。

正確には、以下の2つのことをしっかりとできれば、ブランディングが上手でない人でも、自ずと自分のブランドというのが形成・醸造されるんじゃないかと最近感じています。

それは、とても簡単な、たった2つのこと。

 

 

1.自分が何者なのかを、明確に表明する

まずは自分がどういった人間であるかを、近しい人、見知らぬ人、世間に認知してもらう必要がありますね。いわゆる、軸、というやつです。

特にインターネット上では、全く知らない誰かに自分を知りたいと思わせるには、何らかの動機を持たせる必要があります。

その人にとって貴方が所属しているジャンルやカテゴリーが興味・関心をひくものなのか、貴方の発信を追いかけることでどんなメリットや特典があるのかを、明確かつ分かりやすく「表明」することが大事です。

 

また、言葉だけでは伝わらないことも多いので、「表明」するためには「実績」も必要です。

デザイナー・クリエイターであれば作品を、写真家であれば写真を、売上などの数字をつくる人であれば数字を、といった具合に、「実績」があると言葉はさらに説得力を持ちます。

ノウハウだけを伝える発信も、人によってはうまく使いこなすのでしょうが、言葉だけで信憑性を高めるのは至難の業。というか、そういう人はブランディングが上手な人(笑)

あまり有益な発信が得意でない人ほど、実績を蓄積していきながら、発信内容への補強をしていくのがいいと思います。

 

僕の場合も、ブログ・Twitter開始当時は、あまり自分の仕事の内容については発信していませんでした。当然、個性もないためフォロワーも伸びません。

それから今年4月に正社員を辞めて、フリーの広告ディレクターとして肩書きを「表明」していきつつ、デザイン・ライティングまわりの発信をしていくことで、少しずつ認知されてきているように思います。

最近では自分の「実績」として依頼を受けた作品を拡散したり、それと関連したプレゼントキャンペーンなどを企画することで、デザイン界隈の人間であることがまた周知されてきたと感じます。

これからもっともっと、作っていきたいと思ってます。

 

 

2.自分が何者なのかを、継続して発信する

自分を「表明」できれば、あとはそれを続けていくだけ。

人のイメージはなかなか浸透しません。はじめから強い実績を持っている人は少し違うでしょうが、何者でもない状態から何者かを知らしめるためには時間がかかります。

時間がかかるのが当たり前なのに、継続できない人が本当に多い。

ある意味、続けられれば、少なくともイメージを固定化することは可能です。

 

これは、僕が1年ほど前にブログやSNSを始めてから今日まで続けてきて感じることなのですが、その当初に相互フォローをしてた人や気になってフォローした人の半分くらいは、今ではあまり積極的な発信を見かけません。

もしかしたら別のプラットフォームに乗り換えた可能性や、別アカウントの運用によって続けている可能性もありますが、おそらくは発信を辞めてしまったのでしょう。

辞めてしまうとタイムラインに出てこなくなるので、どんなにイメージが強かった人でも、SNS上では「存在しない人」になってしまう。

 

反対に、そんなに強いブランディングをしていない人でも、ずっと発信を続けていけば何らかのキャラ付けは自然とされていきます。

「時事ネタをつぶやく人だー」とか「たまに面白いこと言う人だー」とか、悪いイメージとして「いつも愚痴っぽい発信してる人だー」でも、何らかの❝その人っぽさ❞は形作られるんですよね。

より自分をブランディングしたい人であれば、先ほどの「表明」している内容について「継続」して発信すれば、時間はかかっても必ずイメージが固定化されます。

本当に、続けたもん勝ちだなぁと1年ちょっと続けてきて思います。

 

 

より早くフォロワーを増やしたいとか、積極的に拡散力を高めていきたい場合には、インフルエンサーに乗っかる、まとめツイートをするなど方法はいくつもあると思うので、そちらはどなたかのノウハウ記事を参照してください。

ただ、自分の発信にブーストをかける手段はたくさんあれど、自分のフィールドに持ってきたうえで乗っからないと、単にインフルエンサーの言葉をそのまま拡散するだけの拡声器と変わりません。

大事なのは、自分を「表明」し、「継続」して発信すること。

それでしか、知らない誰かに自分を伝える方法はありません。

 

 

振り返ってみると。

思えば会社員時代も、ブランディングなんて全く考えたことなかったけど、人よりも速攻で返信して、品質の高いクリエイティブを続けていくことで、いつしか指名で仕事をいただけるようになったんだよなぁ。

それは3年近くかかった気がするけど、きちんと先方に「ちゃんとやる人」というのが浸透したからだと思う。

そして、それが一度浸透してしまえば、こういう時はDスケに頼もう!になるんですよね。これも一つのブランディングだったんだなきっと。

 

なかなかブランディングがうまくいかない、と悩んでいる人は、気長に続けれらる方法を模索してほしいなと思います。

ではでは。

 

 

Dスケ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。