やめかんブログ

自分の苦手は「なかったことに」して、僕は仕事を最適化したい。

どうも、Dスケです。

 

皆さんは苦手なことはありますか?

さすがに全方位万能な人はいないと思うので、なにかしらの苦手意識を抱えながら、日々の仕事やコミュニケーションに取り組んでいると思われます。

そう考えると、みんな偉いなぁとしみじみと考えるんです、ほんとに。

今回はそんな「苦手なこと」に関して、僕の今の付き合い方を書いてみます。

 

 

そんなわけで僕にも苦手なことがいくつかあります。当然、あまり表面には出しませんが。

 

■大人数の前で話すこと

営業経験もあるので、別にビジネスの現場で話すことは苦ではありません。

人見知りでもないので、初対面のときにも自分から話をふったり質問したり、途切れずに会話ができます。

ただ、人前で話すのが本当に苦手です。

そんなんじゃプレゼンや登壇できないじゃんってビジネスマンとしては致命的なんですが、どうしてもやらなきゃいけない時はガチガチに固めて臨みますw

(ゆえに、アドリブに弱し)

 

昔からあがり症で、大勢の人の前に立つと過呼吸ぎみになるんですよね。

それで呼吸できないわ、声が出なくなるわで、なるべく避けてきた人生でした。

 

最近、コミュ障に関するこんなつぶやきを目にして、


あ、これ③やな、と思わずリツイートしてました。

ってことはコミュ障なんかいっ!

 

■地図をよむこと

これも35歳でカミングアウトをするの恥ずかしいんですが、地図が読めない、というか方向オンチです。

地元宮崎はさすがに迷うほど入りくんだ道はなく、大学時代の京都も学生が行けるお店は限られていたので自分のオンチに気付くのが遅れます。

東京に出てきてからでしょうか。特に正社員として働き出して、客先へ伺う際など。

スマホのある時代で本当に良かったと思いますし、あってもたまに壮大な勘違いをすることがあります。

 

一度、事前にPCで場所を調べておいた取引先に行くのに、途中で念のためスマホで場所を調べつつ10分前くらいに到着していざビル内に入ろうとしたら、スマホで見たのは最近移転したもぬけの殻のオフィスで、急いでタクシーとばして新オフィスに行ったりしたこともありました……

方向オンチもそうですが、注意力が散漫なんですね。

最近も待ち合わせした駅の、似た名前の違う駅に行ってしまい、初対面の人たちに「あ、この人、いい歳して天然なんだ」みたいな空気をつくってしまいましたw

さすがにもう直らなそうなので、諦めてはいますが。

 

■上司からの理不尽な要求

これは世渡り上手の才能がないというやつでしょうか。

会社にいると、よく分からないけどやらなきゃいけない地味な作業をふられたりします。

別に地味だからイヤとかはないんですが、中にはやる価値を見出せないものもあって。

一度は受けて、次回からはこういう風にしたほうがいいんじゃないですかね?的な進言もするんですが。

その後にも改善がみられずまた同じ作業をふられると、露骨に嫌な顔をしてしまいますwww

 

ただひたすら情報を集めたり、実現可能性の低い状況で資料を作ったりなど、一度効率が悪いと感じてしまうと、やる気がなくなってしまうんですよね。

以前の上司にとっては、少し扱いづらい部下だったろうなと思います。

 

 

当然、上記の自覚している欠点については、社会人である以上しっかり対策もしてました。

→大勢の前でのプレゼンする際は、なるべく整理・練習して発言内容をまとめる。

→なかなか辿り着けない時のために、かなり早めに会社を出るようにする。

→上司に不機嫌な顔をしつつ、仕事はしっかりやり、今後のシステム改善につとめる。

「不機嫌な顔はするんかい」ですが、そうやって可愛げのあるアピールをするのも大事ですw

 

 

そんな以前の会社での経験を経て、僕はフリーでの活動に移行しているんですが、今ではこれらの苦手なことは極力しないように心がけています。

→→あまり対面や人前での会話・打ち合わせに参加しない。しなくていい仕事をする。

→→なるべく分かり易い場所を指定する。というか、極力、外出しない。

→→自分で効率化できる範囲で仕事を抑える。外的要因を極力なくす。

何度も「極力」と書いたように、単に努力目標なので、実際には打ち合わせにも外出しますし、見知らぬ土地にも行きますが。

 

でも、自分の苦手な部分をなるべく表舞台から減らしていくことで、より強い部分だけで勝負できるようになるなと感じてます。

僕でいえば依頼された制作物のクオリティだけが、シンプルに伝わって評価される。

その分、人柄やニュアンスでカバーできない不安はありますが、本来はそれが在るべき仕事の姿です。

自分の苦手なことから離れて、ようやく仕事の「本質」を追求できるようになった気がします。

 

 

自分の苦手なことは、絶対に克服しないといけないわけじゃない。

時には手放してみたり、誰かに任せてみたりして、ラクしたり手抜きしたっていいと思います。

今はそれだけの環境が整えられる時代だし、働き方・稼ぎ方は無限にある。

我慢している人には、そう考えて逃げたって避けたって大丈夫なんだと、気持ちを軽くしてくれたらなとふと思いました。

ではでは。

 

 

Dスケ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。