マッキーは青春の思い出、どうもDスケです。

 

Amazonプライムでは会員になることで沢山のメリットを受けることができますが、個人的によく使っているのがPrimeミュージック

プライム会員なら、無料で音楽聴き放題サービスです。

会員費としては¥325/月かかりますが、月額300円である程度の音楽が聴けるサービスは他にはないですね。むしろ、プライム会員は音楽にお金払ってる訳じゃないので、おまけがスゴイという感覚。

【参考:他社音楽サービス】 (2017.11.18時点)

  • AWA…¥960/月
  • Apple Music…¥980/月 ※個人プラン
  • Spotify…¥980/月 ※プレミアムプラン
  • LINE MUSIC…¥899/月 ※LINEモバイル非加入者プラン

(期間限定の初回割引やキャンペーンは除いています)

 

そんなAmazonでも、さらに音楽を聴きたい人向けに、11月8日から新しく4,000万曲以上が聴き放題の「music unlimited」という月額¥980(プライム会員は¥780)のサービスは始まってはいるのですが、、、

 

正直、Primeミュージックでもかなり充実する!

そりゃ100万曲以上ありますからね。1日10曲聴いても、273年かかりますw

ということで、あまりお金を使わずに聴けるPrimeミュージックを楽しく使ってほしいということで、Primeミュージックで聴ける僕のおすすめアーティストを紹介しようと思います。

今回は、僕もカラオケでよく歌うマッキーこと、槇原敬之! ※あえて敬称略です

完全に個人的趣味の選曲ですが、ぜひお付き合いください。

 

Amazonプライムの無料会員登録はこちら

スポンサーリンク

おすすめマッキー1:『どんなときも。』

 

いきなりメジャー曲wwwww

いや、大事です。やっぱり知ってる曲聴けないと、月額払う意味ないし。

1991年ってことは、僕が8歳のときの曲なのですが、34歳の僕でもすげー響きます。

どんなときも どんなときも 僕が僕らしくあるために
「好きなものは好き!」と言えるきもち 抱きしめてたい
どんなときも どんなときも 迷い探し続ける日々が
答えになること 僕は知ってるから

だよねー!!!

ちゃんと「好き」なことに一所懸命になること、忘れたらダメだなと聴くたびに思う訳です。

ホントに名曲(´;ω;`)ウゥゥ

 

ちなみに、『どんなときも。』はこれまでマッキー本人によって色んなアレンジバージョンが作られてますが、

絶っっっ対に原曲派です。もうアレンジしないで欲しいw

いや、いいんスけどw

 

このほかに『もう恋なんてしない』『No.1』『冬がはじまるよ』『遠く遠く』『SPY』などの有名な曲がありますが、これらもしっかり聴けます、Primeミュージック。まぁ定番曲がいいのは当たり前なので、今回の選曲には敢えて入れませんが、もちろんオススメです。

Amazonプライムの無料会員登録はこちら

 

おすすめマッキー2:『君の名前を呼んだ後に』

 

シングル曲ですが、あまり知られてない方の曲でしょうか。

住友生命さんのCMタイアップで、松嶋さんはMVにも出てましたね。

こんなCMかだったかは覚えてませんでしたがw

このミディアムテンポのバラードで、アコースティックなアレンジで、サビのファルセット(裏声)歌唱で、遠くにいる人を想う歌詞…大好物でしかない

紙コップのコーヒーは
全くどこで飲んでもこんなにまずいんだろう

からの、

この指先の温もりを誰かにも わけたいと作られたのなら
紙コップのコーヒーも 悪くないと思えた

の秀逸さ、やばし。

普段、なにげなくある対象物に、ドラマを吹き込む天才ですよ。あー好きw

 

おすすめマッキー3:『2つの願い』

 

これもシングル曲ですが、かなり古いですね。23年前。

その当時聴いていたわけではなく、おそらく10年くらい前に初めて聴いたと思います。

まずタイトルが上手いですね、2つの願い。2つってなんだろと思いました。

雨がやみますように 電話がきますように

この2つなんですが、この曲のストーリー上、どちらか1つしか叶わない設定。

でも何となく分かるというか、人には言えない恋をしてる関係にとって、「何事も上手くいくわけじゃない」から、欲張ったらすべてがダメになる気がするというか、2コのお願いがあったら、1コ叶わないくらいの方が普通に感じる感覚は、誰かに言われるとすごく共感します。

いや、そんな人に言えない恋愛、したことないけど(たぶん)。

ってか、この状況の心情を描けるマッキーって、いったい何者!?としか。

Amazonプライムの無料会員登録はこちら

 

おすすめマッキー4:『LOVE LETTER』

 

お、ようやくアルバム曲。通っぽいw

というか、あまりにキャッチーな曲すぎて、このブログ書くまでシングルだと思ってました。

歌詞の世界観は昭和ドンピシャすぎ(徹夜で作ったテープとかw)ですが、今の若い人でも「学生時代の切ない別れ」をありありと思い出せる曲だと思います。

男はすげー分かるのよー切ないのよー!いや、実際こんなことはしなかったけどさ。曲聴いてると「あれ、こんなことあったような気がしてくる」と思うから不思議ですw

向かいのホーム 特急が通り過ぎる度
とぎれとぎれのがんばれが 砂利に吸い込まれていく
ホームに見送りに来た友達に混ざって
きっと僕のことは見えない

僕も、高校時代ではなかったですが、大学卒業時に同級生や後輩に見送られて東京に来た経験もあり、そのときの淡い気持ちが蘇ります。別に恋のエピソードじゃないけれど。

 

大好きだ 大好きだって ずっと思っていた
君は遠くの街に行ってしまうから
何回も 何回も 書き直した手紙は
ずっと僕のポケットの中

僕も何度か書きましたわ、手紙w

いや、たとえ書いたことがなかったとしても、男は心の中で何度も手紙のような言葉を綴っては握り潰し、そっと心の奥で転がってたりするんですよねw

まさに「フォルダ保存」的な。

そんな男のしょーもないみっともなさを、いくつになっても呼び起こしてくれる、一歩間違えればイタイ曲なんですが、それが名曲ってやつよね(遠い目)。

 

おすすめマッキー5:『僕が一番欲しかったもの』

 

満を持して、一番好きな曲です。

こういう、生きていくうえでの「矜持」みたいな曲って、ちゃんと書こうとすると少しダサい感じになりがちなんですが(大事M〇Nブラザーズバンドみたいな)、いや、ダサいのも逆に良いんですが。

見事に成功しているとともに、本当に愛に溢れた曲だと思う。

歌詞の最初から最後まで、1本の人生というか1つの物語になっていて、

僕のあげたものでたくさんの人が幸せそうに笑っていて
それを見た時の気持ちが僕の探していたものだとわかった

なんて言える人生、とっても素敵だと思う。

全員こうあれれば、すげーいい世界になるよねー。

あまり書きすぎると安っぽい言葉しか出てこなくなるので抑えますが、ぜひ聴いてほしいです。

ライブ映像もいいよっ!!コールアンドレスポンスしたい!!

 

まとめ:マッキー、いいよ!

そんなDスケおすすめ曲を含め、槇原敬之の曲はこれらのアルバムに入ってます。

 

そのほか調べてみると、初期のアルバム作品を中心に、結構な楽曲数がPrimeミュージックで聴けるので、ぜひ調べてみてください!(最近の曲は少し薄いかもです。。。)

 

もはやマッキーは大御所の感もありますが、いつの世代でも等身大で聴くことができるのが魅力。きっとどんな人でも心に刺さる曲や言葉があると思います。

そして、こんなに名曲だらけのマッキーはAmazonプライムに加入するだけで無料で聴ける!ぜひ加入がまだの方はぜひ!そして、プライム会員の方で使ったことがない方もぜひ、Primeミュージック使ってみてね!

Amazonプライムの無料会員登録はこちら

 

 

Dスケ

 

スポンサーリンク